EPSP / 2003

代官山インスタレーション 2003 最優秀賞

都市とアートの共存を目的としたイベントの一環として制作されたインスタレーション。人体よりやや大振りで、建築の空間単位としてはやや小振りな、土木工事用の発泡スチロールブロック(2,000×1,000×500mm)が用いられている。ブロックは、近景では細やかなエンボスの刻まれたプロダクトとして、遠景では抽象的な白いマッスとして現れる。資材はすべてレンタルされたもので、展示終了後にリサイクル使用された。